フリーライター・衣南かのんの日常、お仕事記録。
ご依頼などにつきましてはPROFILEよりお願いします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「おはなしNOTE」の、おはなし。

……というわけで。

深い時間ではありましたが、「おはなしNOTE」、聴いていただけましたでしょうか?

番組内でも触れていただいていましたが、当日は私もスタジオにお邪魔させていただいて……ほんと……借りてきた猫というか他所から来た座敷わらしのようになっていたんですけど……

色々と貴重な体験でしたので、少し、思い出記録も兼ねて綴らせていただこうかな、と。

 

能登さんにもご紹介いただきましたが、そもそものきっかけは作家さんとのご縁です。

昔から縁のあるひとで、出版が決まった際、「こういう番組があるんだけど、鉄道ダンシを取り上げさせてもらってもいい?」という連絡をいただきました。

「取り上げさせてもらってもいい?」というか、むしろこちらからしたら「取り上げていただいていいんですか……!?」という感じなんですけど(笑)、そんな嬉しいご縁もあって、この度素敵な機会に恵まれました。

 

ほんっ……とうにね……

能登さんを始め、スタッフの方々みなお優しくて。いい方たちで。

こんなちんちくりんが「先生」とか呼ばれちゃって。いやほんと、先生とか……あの……すみません……

どの方面に謝ればいいんだろうか。能登さんのファンの方々だろうか。

 

能登さんは「ライトノベルを読ませて頂いて嬉しい」と仰ってくれましたが、私からしてみれば本当に、あんなにも素敵な場所で、自分が書いたものをとても丁寧に、優しく読んでいただけて。

なんか私、いいことしたかな?

気づかないうちに徳とか積んでたのかな?

と、ふわふわとした気持ちに包まれる、幸せな時間を過ごさせていただきました。

 

読んでいただいて、「三陸鉄道に行ってみたくなった」、「情景や匂いが浮かぶ」と言ってくださったのが本当に嬉しくて。

 

noteでちらりと書いたんですが、私はあの話を、とにかく自分の大好きな場所を、こんなにいいところなんだよ! って伝えたくて、そういう気持ちで書いていたんですよね。

なので、それが少しでも伝わったのかなぁ、と、そんな風に思えて、たまらない気持ちになりました。

 

どれだけの感謝の気持ちを述べても足りませんが、本当に、ありがとうございました。

 

 

さてさて、そんな大好きスポットでもある三陸に、今日から数日ほど旅に出ます。

今回は車での旅なので、普段とは違う景色をのんびりと楽しみたいなぁ。

 

「おはなしNOTE」につきましては、明日、金曜日の15時00分からもリピート放送があります!

AG-ON Premium様で土曜から配信もありますので、いずれかの機会でぜひ、聴いていただけたらうれしいです。

 

……余談ですが、作品中に「綾子さん」という人が出てくるんですね。

お話をいただいたとき、ぱっと浮かんだのがこの人で、綾子さんに能登さんの声をあてていただけたらうれしくて埋まってしまう……と思っていたんですけれども。

事前にいただいた原稿で、見事に綾子さんが登場する場面が抜粋されていて、思わずベッドでうずくまった私です。

あの場面を選んでいただいて本当にありがとう……能登さんが声を吹き込んでくださった綾子さん、(もちろんレンくんも!喜平も!)本当に素敵でした……!!

 

宣伝♪宣伝♪

本日も宣伝のお時間です。

しかも今日は2つほど。わーい!

なんだかんだ言って、こうして告知できるものがあるのはありがたいですね。

 

その1

先日本リリースされました、『KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE』において一部シナリオを担当しております。

プリズムの輝きに満ちたキンプリの世界。その世界の一端に関わることができて大変光栄です。

心なしか、私も近頃世界が輝いて見えるような……!!

iOS、Androidともに配信中ですのでよろしければ遊んでみてください。

 

……私も早速やってるんですけど、生来の不器用が災いして(笑)、ようやく1FスタンドでA評価が取れるようになってきたところです。アリーナでSを取れる日は来るのか。先は長い……!

 

【KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE 公式サイト】

http://prism-rush.com/

 

 

その2

すでにお知らせしております『鉄道ダンシ』。8月1日に無事刊行されましたー!

書店に並ぶ姿を見た時の感激はなんとも言えず、若干の不審者になりながら自分でも一冊購入しました。

少しでも多くの方に読んでいただけたら幸いです。

 

そしてこちらなのですが。

なんと文化放送で声優の能登麻美子さんがやっていらっしゃるラジオ、『能登麻美子 おはなしNOTE』にて紹介していただくことになりました……!

 

ちょっと自分でも何が起きたかよくわからない。

 

作品内の一部を、能登さんがとてもやわらかく、心地よく、染み渡るような優しさで朗読してくださっています。

自分が書いたものをこんな風に読んでいただくことがあるなんて思ってもいなくて。

収録日には私も僭越ながらお邪魔させていただいたのですが、感動に静かに打ち震えておりました……

 

放送日は今週木曜日、8月17日の26時30分〜27時00分まで。

文化放送超!A&Gにて放送されます。

リピート放送は翌日金曜日の15時00分〜15時30分まで。

また、放送週の土曜日よりAG-ON Premium様にて3ヶ月間視聴もできるとのことです。

 

ぜひお聴きいただければと思います。

 

【能登麻美子 おはなしNOTE】

http://www.joqr.co.jp/note/

毎週木曜日26時30分〜27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分〜15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新

 

のいうわけで、宣伝告知を2つお届けしました♪

どちらもよろしくお願いします!

 

さてさて、お盆もそろそろ終わりですね。

私はお盆を少し外して、今週末からまた釜石に帰ってきます。向こうは涼しいらしいので、……帰ってくる頃にはこっちも涼しくならないかなぁ(※滞在期間は3日ほど)

 

あ、それからnoteはじめました。

はじめたというか、登録したきりになっていたものをようやく稼働させたというか、ようやく方向性が定まったというか……

 

https://note.mu/kanon_i

 

ブログとはまたテイストの違う、何気ないお話や見たものの感想などを少しずつゆるゆると綴っていければ、と思っております。

少し長めの文章が多くなると思いますので、暇だなぁ、というときにでもそろっと覗いていただければ。

こちらもよろしくお願いいたします。

 

夏の終り、まだ少し続く暑さに負けずに過ごしたいですね。

それでは。

 

 

こんな時間ですが……

お久しぶりの投稿です。

そしてちょっぴり宣伝です。

 

 

一部書店様では既に並べて頂いているところもあるようなのですが、

8月1日に小説、『鉄道ダンシ』が発売することになりました!!

 

2年前、三陸鉄道様の企画にて最優秀賞を頂いた作品。

2年分の月日を経て変わったところも変わらないところもありますが、あの頃の私の精一杯が詰まっています。

 

三陸鉄道、というよりも岩手県釜石市に個人的には並々ならぬ想いがありまして、

このライトノベル募集企画の話を知ったときから、何が何でも書きたいと思った話でした。

 

既に存在している、「恋し浜レン」、「田野畑ユウ」、そして「恋ヶ窪ジュン」。

この3人が一体どんな人物なのか、どういう想いで鉄道の、そして復興の仕事へ携わっているのか。

提示されている断片的な情報を集めながら、まるで少しずつ知り合いになっていくように彼らの話を紡いでいくのは、普段行っているゲーム類のシナリオ執筆とはまた違う楽しみがありました。

 

私の思う彼らは、今いる場所で一生懸命に生きていて、

時に悩んだり、迷ったりするけれど、

誰かを助けたり、誰かの話を聞いたり、誰かの背中を少しだけ押したり。

 

復興だけじゃない、どこか踏み出しきれずにいる誰かの何かに対してそっと力をくれる、そんな人たちです。

 

……なんか、自分の書いたものについて語るのって苦手すぎて(笑)

色々うまく説明できないし、

逆にこういうことを書くことで作者が見えてしまうのもどうかなぁ、という想いもあるんですけど……

 

とにかく、お手に取っていただけたら嬉しいなと。

そして少しでも三陸鉄道に、三陸に、興味を持ってもらえたりしたら更に嬉しいなと思います。

 

いいところなんですよ、本当に。

ご飯美味しいし。空気も水も美味しいし。

朝晩涼しいし(最近夏バテ気味なので余計に三陸の気候が恋しい……)、海もすごく綺麗だし。

 

私の大好きな場所だから、その、大好きな気持ちを詰め込みました。

三陸に対する想いとか、震災や復興に対する想いとか、それを今ここで語るのは何か少し違う気がするので

それはまた、別の場所で改めてきちんと書きたいな、と思うんですけど。

 

とにもかくにも、『鉄道ダンシ』。

全国書店の他、Amazonさんなどでも発売中……発売予定……?です。

 

ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

 

※尚、一部書店様ではカバーイラストの嘉志貴久さんやキャラクターイラストのカズキヨネさんが描かれているポスターカードが特典としてついてくるようです。どちらも素敵なイラストですので、こちらもぜひチェックしてみてください!

そろそろ2015年も終わるのでこの一年を振り返ってみる
たいっへんお久しぶりです、衣南です。
生きております。仕事もしております。ブログの存在は、正直忘れておりました…

なんかね、昔は続いていたんですよねブログ。具体的に言うと高校生の頃。毎日何があるわけでもないのになんだかんだと書き続けていたあのブログ、誰に向けているわけでもないけど授業中に昼休みに帰り道に、なんとなく更新していたあのブログ…

今となっては、何を書いていたかさっぱり思い出せないんですけれども。

あぁそういえば私、ブログ持っていたんだった…と思いだしたのが三か月前。
なかなか重い腰を上げられずにいたんですけども、要するに仕事のこと書こうとするから筆が止まるんじゃん?好きなこと書けばいいんじゃん?と発想の転換が(私の中で)行われたのが今日。

思い立ったら、すぐ行動に移します。

Twitterもそうなんですけどもなんとなく仕事の話を公にするのがあまり得意でなくて、告知とかも全然しない面白味のないアカウント(時々呟く)になっているんですがもう開き直っていこうかなと。

このブログは、ライターを仕事にしている人間が書いているけれども日常の雑記がメインです。

みたいなノリでいこうかなと。

名前を出してお仕事をさせていただいている以上あまりゆるすぎるのもアレかな、と思いますので締めるところは自主的に締めていきますけども、基本的には軽いノリで書いていけたらいいなぁと思います。

ていうか最近Twitterじゃ正直物足りなくて、自分発信にちょっとしたアレコレを書ける場所が欲しかったんだ。あるじゃんて。ここ使えばいいんじゃんて。
仕事用だから…とか難しく考えるのはやめようと思った。

あ、お仕事履歴に関してはあとでちょろっと追加したり訂正したりしようと思います〜12月いっぱいは少々立て込んでおりますが、1月以降のお仕事募集中です。何かありましたらお声掛けいただけたらありがたいです。


というわけで今年一年を(だいぶ早いけれど)振り返ってみます。
実は2月頃個人的に小説の賞に応募させていただいておりました。

三陸鉄道主催の、鉄道ダンシライトノベル化企画、というものでして。私そちらで、最優秀賞を頂きました。

コチラ


……いやだからこういうのをおしらせするためのブログじゃないのかよって!いうね!(笑)

三陸は私にとってもとてもなじみ深い場所で、うちの母の実家が釜石にあるんですね。
里帰り出産だったようで生まれたのは釜石の病院ですし、その後も結構頻繁に訪れている場所でした。
ちょっとした商売をやっている家だったのでご近所さんにも結構親しくしてもらって、可愛がってもらって、魚市場のおじちゃんたちやお隣のお店のお兄ちゃんにはそれはまぁ色々とおまけしてもらったり獲れたてのイカをもらったり果物をもらったりお菓子をもらったり…

もらってばっかりだな?

私のモテ期はおそらくあそこで使い果たしたんでしょう、それはもうちやほやと甘やかされていた記憶があります。
それくらいたくさんの人に良くしてもらって、いい思い出がたくさん残っている町が釜石です。
三陸鉄道の南リアス線はそんな釜石が起終点になっている路線。実は乗ったことはなかったのですが、今回小説を書こう、と決めてからは一度帰省して、北と南両方の路線に乗ってきました。
すっごく楽しかった。
なんだろう、ローカル線特有のまったり感というか、あたたかさというか、実際車内すごく暖かくて途中途中ぐっすりだったんですけども(笑)

大船渡でちょっと素敵なイタリアンのお店に行ったり、宮古では電車までだいぶ時間があったので浄土ヶ浜まで行ってその寒さに笑ってみたり。(12月の北の海が寒くないわけがなかった(笑))

ちょうど行ったのが去年の12月頃。
思えば去年も今年も、ちょこちょこといろんなところに行った一年でした。
今年はまだこれからドでかいのが一つ控えてるんだけどね!すっごくたのしみ!

仕事としてはシナリオだけじゃなくて雑誌の記事だったりインタビューだったりWeb媒体の紹介文だったり、色々書くことのできた一年でした。
今までと分野の違う文章、というのもまた楽しく、いろんな文章の仕事に挑戦していきたいなぁと改めて思ったり。
シナリオ以外は本名でやっていることがほとんどなので載せられそうなものは別名義として仕事欄のところに載せていこうかなぁと思っております。
そっちの仕事もね、増やしていけたらいいなぁっていうね、個人的来年の目標。

久々に真面目にブログ書いたら長くなった!
こんな感じで続けていけたらなぁ、今度こそ…!
遊びたおせ♡
週末は遊び倒しておりました。いえーい☆

土曜日はBUMP OF CHICKENのライブへ。学生の頃から一番好きなバンドです。なんだかんだとライブはずっと行けていなくて、気づけば6年ぶりだったんですけども。びっくり。チケット取ってくれた友だちに感謝♡
グッズに5時間並んで(甘いかもしれないけど予想外だった…!)開演までは新しく出来たイオンで時間つぶし。迫力のあるチキンを食べて、いざライブへ!
今回6年前と比べて頑張って前に行くでもそのために並ぶことができるでもない、平たく言えば体力の衰えを(笑)「大人だからね!」という言葉でごまかして友人と二人、「今回はおとなしく見ようね―」なんて言ってたんですけど、フタを開けてみれば飛ぶし跳ねるし大はしゃぎでした。懐かしい曲もやってくれて嬉しかったしとても楽しかったです。
あとあの、ずっと飛んで跳ねてしてたからこれもしかしてダイエットになるんじゃないかと。
家で好きなライブDVDつけてぴょんぴょんやってたら良いダイエットになるのではないかと…!

日曜日にはノブナガ・ザ・フールの舞台、そして昨日はラブ・ネバー・ダイを観に。
…ちなみにこれらも友人がチケットを取ってくれましたほんとうにありがとう。総じてチケット運に恵まれていない私です。笑
ノブナガ…はアニメの方を少し見ていて話の内容をなんとなくは知っていたのですが、生の演技を前にするとやはり迫力もあってまた違った印象を受けました。個人的には市と光秀のシーンがとても好きで…桜を見る度に思い出しています。(´;ω;`)
ライブアクトの方と声優さんの演技が一体になった表現は体感したことのないもので、舞台の端から端まで、すべてを見きれない己の視野が惜しいくらいでした。
そして、ラブ・ネバー・ダイ。とても大好きなオペラ座の怪人の続編ということでなんとしても見たい…!と思っていたミュージカル。演者さんの名前を見ても、よくぞ…というほどの豪華メンバーにこちらが気後れしてしまうほど。笑
物語自体は、なんというか…オペラ座を知っている身としては、こんな未来は知りとうなかった……という部分もところどころあったのですが……何よりも素晴らしい歌と演技と音楽が作り出す世界観に魅了された二時間でした。
フランスが舞台だったオペラ座の怪人から10年後、ラブ・ネバー・ダイの舞台はニューヨーク。優雅な雰囲気から一転、あの時代のニューヨークならではの言ってみれば少し俗っぽい、けれど明るくて楽しくておもちゃ箱のようなわくわくとした空気が印象的でした。

オペラ座の怪人は高校時代に部活で演奏した曲の中でも最も好きで印象に残っているものなんですけど、演奏会の時に部員の中から演じ手を決めてミュージカル形式で演奏を行ったんですね。
その時にラウルを演じていらっしゃった先輩の印象が、何年経っても消えなくて…!そろそろ上書きしたいです。
思えばあの頃から、今こうしてミュージカルにハマりだす種は蒔かれていたのだと思います。生のオーケストラも久々に聴いたー!

久しぶりに思いきり遊び倒していろんな力をもらったので、またこれを仕事にも活かしていけたらいいなぁ、と思いつつ。
今週からGWに向けてちょっぴりハードになってくるので、目を回さないように頑張りたいです…。ふぁいとーおー!